Studio Akagumi

販促物デザイン・ドローン・ 動画制作 スタジオ赤組

必見!各社ミラーレスの違い

2017年11月15日

そもそもミラーレスってなんだ?

簡単に言うと、一眼レフとほぼ同様のスペックがあり、コンパクトデジタルカメラのサイズで、レンズが交換できるカメラです。「コンデジでは満足できないけど一眼レフはちょっと大きいな」と思っている方にピッタリのカメラと考えてください。
欠点を言えば、動体撮影は構造上不向きですが、不可能ではありません。最上位のミラーレス一眼なら、動体撮影も対応しています。(2017年10月現在)

各社、採用規格が違います

各社採用しているイメージセンサーのサイズが違います。デジカメの心臓部ですね。このイメージセンサーの大きさが変わると何が変わるのか?画質と背景のボケる量が変わります。
イメージセンサーは大きくなればなる程、画質が良くなり背景が大きくボケます。なぜ画質が良くなるのか?を説明すると話が長くなるので今回は省かせて頂きますが、イメージセンサーの大きさは画質と背景のボケる量に影響することだけ覚えておいてください。

どのメーカーが画質が良く背景がよくボケるのか?

①キヤノン、富士、ソニー
②オリンパス、パナソニック
③ニコン、ペンタックス
①は、ミラーレスの中では画質も良く背景のボケる量も1番大きいです。ただ、キヤノンはレンズのラインナップが少し寂しいですが、アダプターを使えば一眼レフ用のレンズも使える為、人気はあるようです。
②は、いち早く参入したこの2社は、ミラーレス一眼の開発に力を入れており、レンズのラインナップも豊富です。特にオリンパスのOMシリーズはおススメです。
③は、それぞれ他社とは違ったコンセプトを掲げ、ニコンはミラーレス一眼の中で唯一動体撮影を売りにしているメーカーですが、画質と背景のボケる量は少々劣ります。

それぞれに特徴がありコンセプトが違います

ただ、どのカメラが良い悪いという訳ではありません。画質と背景のボケ量を重視したいなら①、バランスをとりたいなら②、特殊な用途に合うなら③といった具合に、要望や用途に合わせてカメラ選びを行ってみてください。
あと、SNSなどに素早く投稿したい場合、BluetoothやWi-Fi機能が必要です。撮影した写真をスマホに転送してSNSにアップするなどという使い方を想定している人は、この機能も確認してみてください。

それでは、今日はこの辺で。
田中

 

Comment On Facebook

お問い合せはこちらから

動画制作・写真撮影・空撮・Web制作・印刷デザインまでお任せ下さい。

084-975-8218

お電話の受付は平日 9:00~18時まで(メールは24時間受付)