Studio Akagumi

販促物デザイン・ドローン・ 動画制作 スタジオ赤組

知らなきゃ損!ホワイトバランス

ホワイトバランスとは?

ホワイトバランスというのは「白いものを白く見せる」という目的のために設定する機能ですが、あなたのカメラが白いものを本当に正しい白色と見ているかどうかと言われると・・・。そこで予めカメラ内には設定があります。

基本はオートでOKです

一番簡単なのは予めカメラに用意されている複数の設定から指定する方法です。 カメラのホワイトバランスの設定には一般的に「太陽光(晴天)」・・・晴れた日の屋外での撮影時。「くもり(曇天)」・・・曇った日の屋外での撮影時。「蛍光灯」・・・蛍光灯の灯りの中での撮影時といった現在の光源に近いものに設定してください。
※蛍光灯についても機種によって、昼光色蛍光灯、昼白色蛍光灯、白色蛍光灯といろんな種類のモードがあるかもしれませんが、そんなときは白色蛍光灯を選択します。

夜景撮影時のホワイトバランス

夜景撮影の時、オート設定と比較した場合、太陽光や曇天に設定すると赤みの強い暖かい夜景に、反対に電球(タングステン)に設定すると青みの強いクールな夜景になります。その他、マニュアルホワイトバランスを使用して色温度を4000kに固定した場合、都市のクールさと光の暖かさを同時に表現できます。マニュアルホワイトバランスが使えるならばお勧めの設定です。

暖色系の光源の下では注意が必要

最近のデジカメは昔と比べ、ホワイトバランスの調整が非常に優秀ですが、注意すべきなのは、カフェや飲食店、ショップなどで使われているような、「暖色系の蛍光灯」の下で撮影する場合です。色温度でいうと3000〜4500Kくらいになるこうした環境で撮影すると、ホワイトバランスは暖色系に偏ります。オート設定のままだと正しい色が撮影されていないことが多々あります。こうした場所での撮影時はカメラの設定で「蛍光灯」、「電球」などのホワイトバランスに変えてみてください。

それでは、今日はこの辺で。
田中

 

Comment On Facebook

Photoプライズ

当社へのお問い合せはこちらから

ドローンによる動画空撮&写真撮影から、印刷物のデザインまでお任せ下さい。

084-975-8218

お電話の受付は平日 9:00~18時まで(メールは24時間受付)

スタジオ赤組 会社案内はこちら