Studio Akagumi

販促物デザイン・ドローン・ 動画制作 スタジオ赤組

撮影モードの違いを知っておこう

全自動モード

メーカーによって表記は異なりますが、NikonならAUTO、CanonならA+(シーンインテリジェントオート)のような表記になっているかと思います。全自動モードは、シャッターを押すだけで、カメラがすべての設定を自動でやってくれるモードです。ただ、ちょっとイメージと違うなという写真が多いのも事実です(笑)。

P(プログラムオート)モード

P(プログラムオート)モードは絞りとシャッタースピードをカメラが自動で決めるモードですが、プログラムシフトと呼ばれる機能により、露出(明るさ)を変えずに絞りとシャッタースピードを連動させて変更することが出来ます。そのためPモードは、スナップ撮影など被写体の明るさが頻繁に変化したり、素早く撮影する必要がある撮影に適しています。

A・Av(絞り優先)モード

AまたはAvモードは、Pモードから一歩進んだ露出モードです。絞り値を撮影者が設定し、露出(写真の明るさ)が適正になるようにカメラ側がシャッタースピードを自動で変更してくれるモードで、ピントが合う範囲を変更出来るため、手前や背景をボカしたり、逆に広範囲にピントを合わせるパンフォーカス撮影が可能になります。

S・Tv(シャッター優先)モード

SまたはTvモードは撮影者が設定したシャッタースピードに対して、露出(写真の明るさ)が適正になるようにカメラ側が絞り値を制御してくれるモードです。シャッター優先モードは多くの場合スポーツ撮影など動体撮影(被写体ブレを防ぐ)に使用されます。もしくは逆に遅いシャッタースピードに設定することで被写体ブレを起こし躍動感を表現する為です。

M(マニュアル)モード

Mモードは、絞り・シャッタースピード共に撮影者自身が個別に設定します。もっとも設定の自由度が高く、しかしもっとも難易度の高いモードがマニュアルモードです。時々「プロは常にマニュアルモードを使っている」と思われている方がおられますがそれは間違いです。プロカメラマンは「狙った結果が得られる中で、もっとも手間なく使える露出モードを合理的に選ぶ」ことを考えながらそれぞれのモードを使用しています。

それでは、今日はこの辺で。
田中

 

お問い合せはこちらから

動画制作・写真撮影・空撮・Web制作・印刷デザインまでお任せ下さい。

084-975-8218

お電話の受付は平日 9:00~18時まで(メールは24時間受付)